大企業も多数導入! スマートな連携・管理をかなえるツール Fileforce

料金目安
-
料金体系
-
ストレージ容量
-
ユーザー数
5ユーザー~
モバイル対応
スマートフォン・タブレット可

スマートな連携・管理をかなえるビジネスツール

Fileforceは、H.I.S.や文藝春秋、阪急交通社などの大手企業が多数導入する、連携・管理しやすいストレージサービスです。Fileforceのドライブ機能では、クラウドストレージを仮想ドライブとして活用できるため、オフライン時もローカル感覚で作業が可能です。また、スマートフォン・タブレットなどデバイスの種類を問わず使えるため、いつでも・どこでもやり取りができ、スマートな連携・管理を実現できます。

Fileforceはユーザビリティにも優れています。サムネイル表示・フォルダツリー表示で目的のデータを探しやすく、またドラッグ&ドロップ機能を利用すれば簡単にファイルサーバーのデータをクラウドに移すことができます。

ログ管理・分析、データ集計機能も搭載

Fileforceは、セキュリティ管理に役立つログ管理・分析、データ集計、レポート機能を標準搭載。Fileforceがあれば、専門の分析ソフトをインストールしなくても監査やトラブル発生時の調査・追跡に役立てられます。ドリルダウン/ドリルアップ分析、クロス集計などが行える独自の分析ツールもあり、さまざまな観点から分析が行えます。

アクセスログには、いつ、どのユーザーがどのファイルを閲覧・共有したかだけでなく、どんなソフトを利用したかやどこからアクセスしたかなどの細かい情報も記録されます。これらの記録を活用すれば、従業員のコンプライアンス意識を高めるだけでなく、不正やセキュリティ攻撃を素早く発見し、対策を練ることもできます。

自動バックアップでデータ損失を防止

Fileforceには、ファイル単位での自動バックアップ機能があるため、うっかりデータを保存し忘れてしまっても以前のバージョンに戻って作業できます。また、Fileforceでは複数のデータセンターでデータが自動複製されるため、災害やセキュリティ攻撃が起きた場合にも大切なデータが失われるリスクが少なく安心です。Fileforceのシステム基盤は厳しいグローバル基準に準じて構築されており、耐久性も高くなっています。

ファイル保管時には、データの暗号化とウイルスチェックが同時に自動で行われます。これにより、ウイルスや不審なプログラムに感染するリスクを防いで安全にデータを保管・管理できます。

口コミ評価

建築業|規模~50人

高度な検索機能

建設物の設計・施工管理やコンサルティング業務を行っています。もともと複数の無料ストレージサービスを使っていましたが、図面や報告書などの大切なデータが散乱してしまい、膨大な量のファイルを管理しきれない状態に。そこで、1つの場所でまとめて管理できるようにしたいと思い、有料のストレージサービスを検討し始めました。 色々とサービスを比較してみて、一番管理しやすそうに感じたものがFileforceでした。特に、全文検索機能が便利だと感じています。ファイルサーバーだとファイル名からの検索はできても、ドキュメント内容からの検索はできませんが、Fileforceでは細かい条件を設定して目的のファイルを素早く検索することができます。また、誰がいつファイル操作したかのログも細かく残るので、社内のコンプライアンス意識を高めるのにも役立っています。

販売・サービス|規模50人~100人

充実したプレビュー機能

当社では、食品開発や製造・販売などを行っています。当時、外回りの社員から出先でも自由にファイルの閲覧・編集ができるようにしてほしいという要望があったことと、リモートワークや在宅など多様な働き方を実現しようという会社全体での動きが重なり、オンラインストレージを導入することにしました。 Fileforceはプレビュー機能が充実していて、調べた中でも最も使い勝手が良さそうでした。社外にいても、わざわざデータをローカルに落とす必要なく、必要な資料をプレビュー機能で閲覧できます。動画や画像を閲覧する際も、今までのように容量を気にする必要がありません。営業社員からは、「プレゼン資料を必要なときに外出先から編集できるようになって便利」「変更点があればリアルタイムで反映できる」といった声が聞かれるようになりました。場所を問わず連携できるようになったので、今後さまざまな働き方の社員が増えても安心ですね。

スペック情報

基本情報

料金

-

100名利用時の月額

-

料金体系

-

ストレージ容量

-

ユーザー数

5ユーザー~

モバイル対応

スマートフォン・タブレット可

機能・オプション

ファイル転送・共有 アップグレード制限 -
バージョン管理
パスワード保護
ダウンロード回数制限
プレビュー機能
更新自動通知
セキュリティ 暗号化
ウイルス対策
IPアドレス制限
デバイス認証 -
アクセス権限の種類

・ユーザー
・グループ
・フォルダ ごとにアクセス権限設定可

動作確認

サポートOS

Windows7、 8.1、10
Mac

対応ブラウザ一覧

Google Chrome 最新バージョン
Firefox 最新バージョン
Safari 最新バージョン
Internet Explorer11

スマートデバイス

-

データセンター環境

Amazon Web Services(アマゾンウェブサービス)

※記載の情報は、2020年1月時点のものです。
※上記価格は全て税別になります。
より詳細な情報や、最新の情報は、公式サイトからご確認くださいませ。

お役立ち情報

オンラインストレージを選ぶ際に見るべきポイントや気をつける点など、比較に役立つ情報を集めました。